2022.09.14

“ベクシンスキー” アートを着るスタイリング②


ポーランドのアーティスト「ベクシンスキー」が生み出す終焉の絵画、全ての作品にタイトルは無く表現に意味を見出されることを嫌ったという。
彼の退廃的で、儚くも美しい混沌の世界観を大胆にコラージュした1着をご紹介いたします。


今回ご紹介するコートは、ヨウジオムを代表するダブルのミリタリーコートが元となっており、上衿からラペルへと繋がる“ヘチマカラー”が印象的な1着。
ベクシンスキープリントのコート地を贅沢に使用した、ビッグシルエットコートとなっております。

コート全体をキャンバスとし、美しい色彩のボルドー・ブラウン・レッドのグラデーションが全身に映えるお品で、画像②③の様にチンウォーマーを使用してラペルを起こすと、左身頃には秋田犬に寄り添う女性像が描かれています。

お色味のあるアウターをコーディネートすると、インナーや小物は黒くなりがちですが、今回はハットにボルドー、インナーには白シャツをチョイスし、コートのワインカラーが美しく見えるように整えました。

最後に、秋冬のスタイリングにぜひ加えていただきたいウールのハット。
ウールモヘア帽体を起毛させたソフトで軽いハットは、定番的な中折れタイプでとても合わせやすいお品です。
ぜひ店頭でお試しくださいませ!



コート      Size1(1.3展開)
パンツ      Size2(2.3.4.6展開)
ブラウス     Size2(2.3.4展開)
ハット      Size4(2.3.4展開)
シューズ     Size4(2.3.4.5.6展開)