2021.12.07

1995AWコレクションから着想した温故知新のリバーシブルのコートとセットアップ。

アウターのリバーシブルのコートは明治時代に欧化政策の一環として外国との社交場として建設された鹿鳴館の一コマを切り取り裏地にプリントしています。

表地はヨウジ ヤマモトの代名詞ともいえる定番ウールギャバジンを使用しておりラグランスリーブの肩の落ち感によるドレープ感が美しく生地との相性抜群です。

ディティールとシルエットの秀逸さもさることながら裏地の美しさとインパクトは他では類を見ないデザインで1995年発売以来名作になる一着です。

ジャケットは前身頃にベストがレイヤードされているかのようなディテールとスクエアカットの裾が特徴的で釦の開閉やインナーの合わせ方によって雰囲気が変わります。

ボトムスのテーパードパンツはウエストの紐タイプでゆとりのあるシルエットで履きやすくシンプルながらもコーディネートに迫力がでる型です。

インナーの朱色のウールエアー天竺は暖かくて軽く丈夫な素材感が特徴で定番ウールギャバジンと相性抜群です。
シューズも1995年SSコレクションからマイナーチェンジを繰り返し現在はレギュレーションとして普遍的且つ代表的なモデルになります。

固定概念を突き抜けたところに存在する独自の美しさと普遍性をコーディネートで表現しました。


コート     Size2(2.3展開)
ジャケット   Size3(2.3.4展開)
パンツ     Size3(2.3展開)
カットソー   Size3 (FREE SIZE展開)
ハット     Size3 (3.4.5展開)
シューズ    Size3(2.3.4.5.6展開)